サイトマップ

印刷

教科「奉仕」体験活動 しがら柵作り

 平成29年3月14日(火)・15日(水)に、赤塚公園内の「積極的に守りたいゾーン」をしがら柵で囲ってきました。

 この活動は、都立学校が取り組んでいる教科「奉仕」の体験活動として行うものです。
 今回は、赤塚公園内の自由広場にて、しがら柵設置のお手伝いを本校の2年生がやってきました。
 「しがら柵」とは昔ながらの工法で、何かを加工したり新たに作り出したりするようなものではありません。その場にある不要枝や剪定枝を使った手作りの柵なので、新たに何かを作成する必要もなく、古くなったらその柵はまた自然へと還っていきます。
 つまり燃料を使っての運搬や加工にCO2を排出しない環境に優しい柵なのです。



 さて、しがら柵で囲った場所は、「積極的に守りたいゾーン」です。
積極的に守りたいゾーンとは、例えば板橋区の花にもなっている「にりん草」などの植物、「野鳥や昆虫などの生き物が生活する」場所です。この積極的に守りたいゾーンを囲うことで、生物多様性を保護し向上させることができます。実は、赤塚公園には様々な植物や生物が生を育んでいるのです。

 生徒たちも初めての杭打ちや、柵作りに楽しそうに参加していました。また、近頃では見ることも少なくなったミミズに興奮している生徒が微笑ましくもありました。
 総じて、奉仕活動の一環として行われたこの活動によって、生徒は貴重な経験ができたと思います。
 

活動の様子

枝を集めます。楽しそうです。

杭を打ちます。力仕事です!

杭の間に枝を置いていきます。みんな丁寧に枝を積み上げていました。

はみ出たところを剪定します。あと少し!

しがら柵の完成です!
 
〒175-0082 東京都板橋区高島平3-7-1
電話 : 03-3938-3125 ファクシミリ : 03-3938-4057